ボクは技術に全く自信がない

突然何を言い出すんだ

漠然と思ってたことだけど、なんとなく文字に起こしておこうと思った

ボクは技術に全く自信がない

本当にダメ。
技術力はほんっっっっとうに無いと思っていて、自分のコードを誰かに見てもらうだけでもストレスが半端ない。

プログラミングのテストなんぞもってのほか。もう死んでしまいそうな気分になる。
なのでペアプロ/モブプロはすごく嫌。だってリアルタイムに自分が悩んでるのを横で見られるんだもん。

ボクはエンジニアに向いていないのかもしれない。

たまに「関西でつよいえんじにあ」と呼んでもらえるようになってきた

学生の頃からプログラミングはそれなりにしていて、システムの開発もしていた。
就職してから5年近くプログラミングからは離れていたものの、SEだったのでシステムには関わっていた。

Androidエンジニアという肩書きになってから今で約1年半。
チーム内でもそれなりに認めてもらえるようになったし、色んな所で登壇もするので、ありがたい事に「関西でつよいえんじにあ」と呼ばれることもある。

それでも全く自信がない

「つよいえんじにあ」と呼ばれるのは、登壇や露出が多いことによる 印象資産 だと思っている。

でもボクにはそんな価値は1ミリも無いと思っている。

ご存知の通り、Androidは奥が深い。そして進化が早い。
ひとつ覚えたと思ったら、また新しい技術が生まれてくる。
それらをキャッチアップしているうちに、また新しい技術が…
これの繰り返しである。

全てを網羅する。そんなのボクには無理だ。
でも知らないわけにはいかない。

インフラからHTTP通信(TCP/IP)、DB、Java/Kotlinによる実装、更にはMaterial Design…

覚えることが非常に多い。

大変だぁ

こんなことを繰り返していくうちに、どんどん自信を失っていく。

自信を失いっぱなしでいいのかい?

いいわけがない。時は進む。

じゃぁどうするか

全てを網羅する…現実的に無理。
なので、どこかで妥協する。
というか、自分の得意分野を見つけてそこを伸ばす。
長所で短所をカバーする。

1歩でも前に進んだら、自分で自分を褒めてあげる。
自己肯定を繰り返すことで、失った自信を少しでも取り戻す。

こうやって自己を保つのです…

結局何が言いたかったのか

自分でもわかりません。
ただ、こんなボクでもなんとか毎日Androidエンジニアとして頑張って生きてます。

コメント

このブログの人気の投稿

パパママエンジニアが集うSlackを立てました!

ディズニーグッズ買い取り専門店Justy Consulで売ってみた