Google I O 2019 行ってきた!!

準備にかかったお金は こちらです

旅の行程

今回は完全にすべて自腹だったので、極力お金を抑える方法で行くことにしました。
結果、行きは早朝なので空港に前泊するという選択を取っています。

日程 内容 タイムゾーン
5/4(土) ファーストキャビン関西空港に宿泊 JST
5/5(日) AM7:00の便で香港(HKG)へ JST
5/5(日) HKG13:10発でSFOへ HKT
5/5(日) サンフランシスコ(SFO)到着、サクッと観光 PST
5/6(月) バッジピックアップしてから観光 PST
5/7(火) Google I/0 1日目 PST
5/8(水) Google I/0 2日目 PST
5/9(木) Google I/0 3日目 PST
5/10(金) SFO12:25発でHKGへ PST
5/11(土) KHG17:30着 HKT
5/12(日) HKG01:00発で関西空港(KIX)へ HKT
5/12(日) KIX06:00着、自宅へ JST

こうやって見てみるとめちゃくちゃカオスですね。
特に帰り。合計で30時間以上かかってます…
もっとお金があれば直行便で行けたんですけどね…

到着初日の観光

現地にいる友人がSFOまで迎えに来てくれたので、そのまま観光に連れて行ってくれました!

ブリトーうんめぇぇぇぇぇえええええ!!!!

ボクは以前LAの近くに数ヶ月住んでいたことにより、メキシカンアメリカンな食事が大好きになりました。
なのでブリトー屋さんに連れて行ってもらいました。

ここでお店を探していて気づいたんですけど、 アメリカのお店ってGoogle Map上でめっちゃ評価付くんですね。

レビュー数が1000超えてて4.5ってすごい…

あと、最高に行きたかった Walt Disney Family Museum にも連れて行ってもらいました。
ここは、ウォルトの姪が「皆はディズニーをブランドとして見てるけど、ウォルト・ディズニーだって1人の人間なんだ。人間として見てあげてほしい」という思いから作ったMuseumです。

なので、Disney家やDisney Companyが歩んできた歴史について語られています。

最高やった・・・

あと、誕生日だったので夕飯にお肉おごってもろた!!

めっちょおいしかった!

5/6

バッジピックアップ

首から下げるIDカードをBadgeと呼びます。
このBadge Pickupに行くことでイベントへのチェックインとなります。
そしてPickupの順番で初日のKeynoteの席が決まります。
早ければ早いほど前の方のブロックに座れます。
(座席の指定ではなくブロックの指定)

ボクたちは第2グループ(4-7人目)だったので、運営側がまだ慣れておらず
・アメニティのナップサックをもらえなかった:2人
・パーティでお酒を飲める確認のリストバンドをもらえなかった:1人(ボク)
などといったトラブルを踏む人柱となりましたw

観光

バッジピックアップ

皆で朝ごはん

Apple本社

Intel Museum

Google PlexのMerchandize Store

Stanford University

Intel Zero day Party
と、なかなか走り回りましたw

いい感じでお土産もゲットできたので良しとしましょう!

Google IO(3日まとめて)

各日の詳細はまた別途まとめようと思います。
2019の今年は
AIを使うことで、世の中がこんなに便利になりました。
世界中のすべての人々が、ストレスなくシームレスにコミュニケーションを取ることができるようになる。
というメッセージが多く込められていました。

TensorFlow Liteもすごかったし、Live Captionもすごかった!
ARがすごく押し出されていた!!

その一方で
・ARはどこいった…?Daydreamは…?
・提携企業のブースが少なかった
・Kotlin!Kotlin!と言いJetbrains社の人を呼びつつもFlutter!Flutter!と言っていてちょっと「???」だった
といった点に関しては少し違和感が残るところです。

最後に

今回のGoogle IOは完全にすべて自腹となりましたが、30万近く出してもお釣りが来るのでは!?と思うような体験をたくさんできました!

はじめましてな方ともたくさん交流できたし、以前GDGでお会いしたドイツのGDE、スペインのGDEの方とも再開できたのが嬉しかった!
(このドイツのGDEの方とは飛行機も同じだった…)

Codelabもコンプリートしたし、来年もきっと行けることを祈っています!

コメント

このブログの人気の投稿

ボクは技術に全く自信がない

パパママエンジニアが集うSlackを立てました!

ディズニーグッズ買い取り専門店Justy Consulで売ってみた