Google IO2019参加に向けて準備したこと・2011年との違い

チケットに当選したら

まずはGitHub Projectで Google IO 2019 準備 を作りました。
私は普段から自分のTODOを todoist というGithubのprivateリポジトリで管理しています。
今回もその中でProjectを作り、issueでやることを管理することにしました。
こんな感じです。

やったこと

  • パスポートの有効期限を確認する
  • 宿の準備
  • 関空で前泊するホテルを予約する
  • 飛行機を取る
  • 宿とSFOの往復の交通手段を考える
  • 海外旅行保険に加入する
  • 各種買い物

詳細

現地での宿

知人がAirbnbで予約して誘ってくれた!
なのですごく安く泊まれることに。
Amphitheatreとの往復どうするんだろー。皆でUber相乗りかな?

前泊の宿

今回は7:00AM関空発の飛行機なので、家からだと絶対に間に合いません。
なので、関空でホテルを取って前泊することにしました。
(その方がトータルで見ると安いんです…)
難なく予約できました。
寝るまではラウンジでビールでも飲んでようと思います。

飛行機

香港航空で往復取りました。
時間がちょっとアレだけど、往復で72000円だった。安すぎる…!
(座席の場所的に空いてなかったので、ちょっと高くなって82000円になったけどそれでも安い)
JALとかANAで取ったら往復21万とかだったので、少しでも安くしたい私にはとても良かった
(調べたら悪くなさそうだし…ちょっとギャンブルだけど…)

パスポート

有効期限は余裕だった。
ただ、作った時と本籍(都道府県)が変わってることを完全に忘れてた…けどきっと大丈夫(何かあったらヤバい)

海外旅行保険

ドコモワンタイム保険に入った。
AIGとかも考えたけど、これが一番申し込みが楽だったりで最適かなって感じ。

各種買い物

このあたりを買った


その他

業務調整

完全にプライベートで行くので「休みます」だけで終わり。
GWの延長って感じです。

家庭内稟議

私が行きたくて行きたくてしょーがなかったイベントなので、妻は「行ってらっしゃい!」と言ってくれた。
お金の心配は「行ってから考えたらいい!もっと大事なことがあるでしょ!」と。なんと頼もしい。。

ちなみに

前回は2011年に参加したので、8年ぶりの参加となります。
その頃はまだ大学生だったのでチケットはAcademiaで$300だったか$450だったか…めちゃくちゃ安かった記憶。今回は$1,150だもんね…
メールを漁ってみると、当時はホテルをThe Mosser Hotelってところで取って、$79/泊 だったらしい。
確か自分で全部予約したんだよなぁーという記憶。

前回の写真


そういえば、終わってからGoogle-Apple-Museumとはしごしたんだよなー

コメント

このブログの人気の投稿

ボクは技術に全く自信がない

パパママエンジニアが集うSlackを立てました!

ディズニーグッズ買い取り専門店Justy Consulで売ってみた