投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

ボクは技術に全く自信がない

突然何を言い出すんだ漠然と思ってたことだけど、なんとなく文字に起こしておこうと思ったボクは技術に全く自信がない本当にダメ。
技術力はほんっっっっとうに無いと思っていて、自分のコードを誰かに見てもらうだけでもストレスが半端ない。プログラミングのテストなんぞもってのほか。もう死んでしまいそうな気分になる。
なのでペアプロ/モブプロはすごく嫌。だってリアルタイムに自分が悩んでるのを横で見られるんだもん。ボクはエンジニアに向いていないのかもしれない。たまに「関西でつよいえんじにあ」と呼んでもらえるようになってきた学生の頃からプログラミングはそれなりにしていて、システムの開発もしていた。
就職してから5年近くプログラミングからは離れていたものの、SEだったのでシステムには関わっていた。Androidエンジニアという肩書きになってから今で約1年半。
チーム内でもそれなりに認めてもらえるようになったし、色んな所で登壇もするので、ありがたい事に「関西でつよいえんじにあ」と呼ばれることもある。それでも全く自信がない「つよいえんじにあ」と呼ばれるのは、登壇や露出が多いことによる 印象資産 だと思っている。でもボクにはそんな価値は1ミリも無いと思っている。ご存知の通り、Androidは奥が深い。そして進化が早い。
ひとつ覚えたと思ったら、また新しい技術が生まれてくる。
それらをキャッチアップしているうちに、また新しい技術が…
これの繰り返しである。全てを網羅する。そんなのボクには無理だ。
でも知らないわけにはいかない。インフラからHTTP通信(TCP/IP)、DB、Java/Kotlinによる実装、更にはMaterial Design…覚えることが非常に多い。大変だぁこんなことを繰り返していくうちに、どんどん自信を失っていく。自信を失いっぱなしでいいのかい?いいわけがない。時は進む。じゃぁどうするか全てを網羅する…現実的に無理。
なので、どこかで妥協する。
というか、自分の得意分野を見つけてそこを伸ばす。
長所で短所をカバーする。1歩でも前に進んだら、自分で自分を褒めてあげる。
自己肯定を繰り返すことで、失った自信を少しでも取り戻す。こうやって自己を保つのです…結局何が言いたかったのか自分でもわかりません。
ただ、こんなボクでもなんとか毎日Androidエンジニアとして頑張って生きてま…

Amazon Fire HD8でも意外といいかもしれない

イメージ
今日は出張なので、ホテルを取りました。
けどMacは不要っぽいので持ってこず、代わりにAmona Fire HD8を持ってきた。Macが無くても意外といけるのでは?と感じたのでメモやりたいことコーディングブログ書くTwitter
これだけってことに気づいた。このエントリーは今ホテルの部屋でAmazon Fire HDで書いてる。意外と書ける気がする。ただ、キーボードの操作が慣れない。特に、エンターが右下にないのが慣れない。たぶん時間の問題なんだろうけど。
あと、これはボクの手のポジションの問題なんだろうけど、なんか E のタイプが苦手らしい。だいたい R を打ってる。Amazon Fire HD8を持ってきて良かったことAmazon Primeに入ってるので、家で映画をダウンロードして新幹線で見てた。
めちゃくちゃ良い体験だった。
スマホ触ってたら “ギガが減る” し、疲れちゃう。
寝れないときに困るよね。
今日は 「それでも夜は明ける」って映画を見てたら大阪ー品川なんて一瞬だった最後に電池は減るので充電器は必須やぞWritten with StackEdit.