投稿

2018の投稿を表示しています

痴漢の冤罪をかけられた

タイトルの通りです。
とても嫌な想いをしたので、備忘のために&同じ事になった人のためにまとめておきます。何が起こったか時系列日時:2018年5月8日、午前8:24頃
場所:JR大阪駅◯番線(後ほど確認して更新しますがおそらく1番線)JR京橋駅を8:13分発予定だった6分遅れの大阪環状線大阪方面区間快速の電車にて。場所電車前から6両目の真ん中の扉付近、JR大阪駅にて。相手の女性の特徴身長:およそ160cmくらい(ヒール履いてたかも?)
年齢:30歳前後
髪形:茶髪で肩下くらいの長さ。パーマがかかっている
服装
 ・上:白地のニットぽい服?に黒の細いボーダーとパールっぽい長めのネックレス
 ・下:よく覚えていない。紺っぽい色のスカンツ?
 顔:加藤紗里に似ていた気がする。化粧が濃かった印象(怖かった起こったこと朝、いつも通りの通勤途中。
京橋駅にて電車を乗り換え、JR大阪駅へ向かうところ。電車が6分遅れだったこともあり、非常に車内は混雑していた。
JR大阪駅に到着し、下車しようとしたところ、突然女性に右手首を捕まれて
「触りましたよね?」
と私が痴漢したとして、JR大阪駅のホームで会話することになった。私としては痴漢としては全くの誤認だし、触れたつもりもない。
ただ、電車が非常に混雑していたため、気づかぬうちに押されて女性に「事故で」触れてしまっている可能性も無くはない。女性に対しては
「触れてはいないし、もし仮に触れてしまっていたとしてもそれは事故です」
と説明するしかできなかった。「駅長室に行きますか?」と言われたが
「行ってもいいですが、やっていないことを証明する事はできないので、やっていませんとお話することしかできないです」
と伝えた。そこで名刺の提示を求められたが断った(持っていたが持っていないと言い張った)が、
今度は免許証の提示を求められた。
ここも断ればよかったが、もう頭が真っ白だった。
提示してしまい、女性のスマホ(おそらくiPhone)で写真を取られてしまった。不可解なところ「本当に触ってないんですか?」
と聞かれたので
「そのつもりはないです。ですがもし触れてしまっていたとしていたら事故です、申し訳ないです」
と応えたところ
「皆さんそう仰るんですよね」
と言われた。女性はそれで去っていった。「皆さんそう仰るんですよね」?ん?
この一言、引っかかる…

DroidKaigiに行ってきました!

イメージ
前回の記事では、アプリにコントリビュートした記事を書きました。
今回は実際に見てきた感想を書いていきます。DroidKaigiとは言わずもがな、とは思いますが、 Androidエンジニアが主役のカンファレンスで、技術の共有やコミュニケーションを目的としています。
私は初回の2015年から毎年参加させて頂いており、今年はアプリのコントリビュータとして微量ながら貢献させていただきました。当日まさかの1番乗り。
Emptyな会場を拝められました。
ひな壇のすぐ前の席を陣取ったので、開会までの羊や皆さんのワクワクした顔を拝められました。Contributorsここに自分のアイコンが載ると、やっぱりすごく達成感ありますね…!来年のアプリにもコントリビュートしたいと思っています。
既にいい案が浮かんでいるので思いっきりヤッてやろうと思います!懇親会こちらも朝に続いてまさかの1番乗りでした…
すごく広くてキレイで、和風な感じでステキな会場でした。全体を通してひつじ(@mhidaka)本当にありがとう…
勉強会、やっぱりすごく楽しいですね。
今年のDroidKaigiは体感7割強のコードがKotlinだったように感じます。
自分もKotlinやらねば…Kotlin楽しそう…と思いました。ここ半年は勉強会には参加しないようにしていたので、とても楽しかったです。
なにより、日本のトップエンジニアたちと出会って沢山お話ができたことがよかった。
すごくモチベーションが上がりました。
楽しくて楽しくて震える。かゆうま。もし可能であれば、自分の手で日本Androidの会関西支部を復活させられたらなぁと目論んでおります。
どのような手法を取るかは別として、技術を楽しく追求していけたらと思います。来年に向けて来年のアプリコントリビュート案が2日目中に降ってきたので、今のうちに情報を整理しておきます!

DroidKaigi2018アプリにコントリビュートしました

イメージ
DroidKaigi2018アプリにコントリビュートしました今年は積極的にコミュニティに貢献していきたいなぁと思っていたので、有言実行しました。どうやって手を挙げた?DroidKaigi2018アプリのissueは、全てwaffle.io で管理されています。
この中で「やりたいなー」と思うものを挙手するだけです。このissueに対して実装をし、PullRequestを出すととても優しくレビューしてくださります。人生初めてのコントリビュート聞かぬは一生の恥。聞くはいっときの恥。
初めてコントリビュートしたので、そもそもforkするということを知らず…
なんともお恥ずかしい。「forkしてね!」と優しく takahiromさんに教えていただきました。やった結果バグを突っ込んでしまってなんだかとても申し訳なくごめんなさいしかないんですが、すごくいい経験をさせていただきました。アプリのコードがフルKotlinだったのもすごくよかったです。
Androidのアプリ開発をJavaばかりでやってきましたが、Kotlinも勉強しないとなぁと思っていたところに
DroidKaigiアプリがフルKotlinだったので、すごくいい教材でした。また来年も(あれば)コントリビュータになれたらなぁと思います。