DroidKaigiに行ってきました!

前回の記事では、アプリにコントリビュートした記事を書きました。
今回は実際に見てきた感想を書いていきます。

DroidKaigiとは

言わずもがな、とは思いますが、 Androidエンジニアが主役のカンファレンスで、技術の共有やコミュニケーションを目的としています
私は初回の2015年から毎年参加させて頂いており、今年はアプリのコントリビュータとして微量ながら貢献させていただきました。

当日

まさかの1番乗り。
Emptyな会場を拝められました。

ひな壇のすぐ前の席を陣取ったので、開会までの羊や皆さんのワクワクした顔を拝められました。

Contributors

ここに自分のアイコンが載ると、やっぱりすごく達成感ありますね…!

来年のアプリにもコントリビュートしたいと思っています。
既にいい案が浮かんでいるので思いっきりヤッてやろうと思います!

懇親会

こちらも朝に続いてまさかの1番乗りでした…
すごく広くてキレイで、和風な感じでステキな会場でした。

全体を通して

ひつじ(@mhidaka)本当にありがとう…
勉強会、やっぱりすごく楽しいですね。
今年のDroidKaigiは体感7割強のコードがKotlinだったように感じます。
自分もKotlinやらねば…Kotlin楽しそう…と思いました。

ここ半年は勉強会には参加しないようにしていたので、とても楽しかったです。
なにより、日本のトップエンジニアたちと出会って沢山お話ができたことがよかった。
すごくモチベーションが上がりました。
楽しくて楽しくて震える。かゆうま。

もし可能であれば、自分の手で日本Androidの会関西支部を復活させられたらなぁと目論んでおります。
どのような手法を取るかは別として、技術を楽しく追求していけたらと思います。

来年に向けて

来年のアプリコントリビュート案が2日目中に降ってきたので、今のうちに情報を整理しておきます!

コメント

このブログの人気の投稿

ボクは技術に全く自信がない

パパママエンジニアが集うSlackを立てました!